コミュニティを作る前に

ども、店主のぶらあどです。

メルマガの読者とコミュニティを作る前に
私の不都合なことを表沙汰にします。

ヤフオクの全出品物の質問欄に
非常にありがたい神のお言葉をいただきました。

返金ができない輩が何を逆ギレしているのか。まずは謝罪し返金するのが筋である。未だ返金に応じず詐欺まがいの商売を続けながら被害者をいたずらに増やし
、フィギュア業界のためと平然と嘯く貴様が業界の膿と気付くべき。真に業界の未来を憂うなら即刻返金に応じ猛省し、この業界から足を洗うべき。糞ブログで色々と業界の問題を論うが、本当の問題はそれを扱う人間の信用ということに気付くべき。業界内での悪評判が本人に伝わらないのも痛々しい。何度も言うが貴様のような詐欺師が存在する限りこの業界が発展することはない。

ツッコミどころ満載なんですが、
神様は「無い袖は振れない」って
日本語をご存知ないようで、
さすが点から下々を見下ろす方のお言葉は違う。
あ、もしかしたら異国の神様かな?
まあ、どうでもいいや。

例えば、上記のような状態で返金を渋っているなら
ぶらあど、いや山下勝博は大悪人ですな。

facebook やインスタグラムに
よりしくやってる画像とか載っけて
悦に入ってたのなら批判も甘んじて受けます。

結局のところ、玉子とニワトリのような話で、
金があれば返金にも即応じられますし、
そもそもトラブルなんてそうそう起きません。

鬱だのADHDだので働けないならショップやるな、
まあごもっともな意見でしょう。
でも、裏を返せば働くところがないから、
在宅ワークでお金を稼いでいるわけで(^^;

ショップを始める直前は、
ゲーム業界への復帰をかけて就活してました。
そこで、かけられた言葉が、
・コストが高い
・通院中なので不安
・二年のブランクは20年のキャリアに勝る
これで、引退を決意しました。

で、在宅ワークを調べていて
ネットショップにぶつかり
郵便局の年賀バイト11万円で起業。

なぜ、在宅ワークかというと電車に乗れないからです。
お前は小学生以下か?

いや、そうではなく、
混んだ電車に乗ると周囲の視線が気になり
過呼吸と異常発汗、立っていると目眩すらする始末。

今は幾分症状は改善しましたが、まだまだ苦手です。
20年近くラッシュに揉まれてきたのにコレです。

起業後、ショップも円高のうちは右肩上がり
が、円安になって一気に撃沈。

一昨年から風向きが極端に悪くなり、
フィギュア以外で手っ取り早く稼いで損失補填しようと
楽して稼ぐというようなネットビジネス商材にも騙され、
ドツボにハマりました。

そして、昨年夏の父の死を機に
アルバイトを探しましたが
自転車通勤圏でのPC作業に応募するも
ことごとく玉砕。
今月も2件落ちてます。

若い人との椅子取りゲームじゃ、
オッサンには分が悪いようです。

ゲーム作りで培ったスキルも無用の長物。

とまあ、そんなこんなで、
ランニングコストが超過して赤になるので、
現在弁護士を通じて自己破産の準備中。
会社じゃないんで倒産はできませんけどね。

こういうことは秘密に隠密に・・・と
思うかもしれませんが、
どうせ成立すれば官報に載るんだし
かまいません。事実です。

ただ、お客様と係争中のものは
弁護士に話してません。
合法的に踏み倒そうとすればできそうですが、
個人相手にそれはないなということです。

というわけで、
今後はこんな私の再起に期待する人だけ
ついてきてくれればいいと思ってます。

それはさておき、オカシイですね?

業界での悪名っていいますが、
もしかしてそれは、
オワコンの便所の掃き溜めのことですか?

facebookにいる世界中のフレンドからは、
お礼と売り込みこそきますが、
苦情はまったくきてないんですが?

井の中の蛙じゃあるまいし、
グローバル化した今時に某掲示板だけで
業界を完結させちゃいけませんって。

それと、お客様にお詫びですが、
メールでの返信はタイミングが悪いと
大量のメールに埋もれて返事できない場合もあります。

LDHDの悪癖か、目先のことに目を奪われやすく
何かのアラートが挟まると、
肝心なものを見失いがちです。

特に件名を変えずに返信とかされると
見落とす可能性が高いです。

これに関しては改善の余地が大アリですが、
確実に連絡が付くのはLINE@です。
既読確認もできますし、
時系列にやりとりが並ぶので安心です。

というわけで、デイリーで平均1,700pv、
月間で50,000pv程度の糞ブログですが、
これからもフィギュアの最新情報を配信しますので
見捨てない方はご覧ください。

この記事の著者

ぶらあど

この著者の最新の記事

関連記事

Rakuten Ranking












楽天ウェブサービスセンター
ページ上部へ戻る