○○以外、みんな○んじゃえばいいのに

ども、店主のぶらあどです。

今年も残すところ今日と明日、
いや実質明日だけになりました。

年が明ければ、
開業して7年目を迎えることになりますが、

一貫した思いとして
1/6フィギュア(ドール)愛好者だけに
貢献したいと考えています。

極端な話、少々大げさですが、
それ以外の人は死んでも・・・っていうか、
どうなってもいいというのが本音。

ホットトイズ製品が
フィギュアーツやfigma並の市民権を
得られればいいのにと本気で夢見てます。

国レベルで景気が上向かないと無理ですが
やはりフィギュア単品で1万超えちゃうのは
高すぎますよねぇ(^^;

だから、無駄に単価を上げるなとか
苦言も吐くわけです。

某隣国とも、
国家レベルでは断交して欲しいと
真剣に思ったりもしますが、

1/6フィギュアに携わってる人には
個人レベルでは特別悪い感情はありませんし、
変わらず仲良くしたいですよね。

よく言う話ですが、
自分だけが儲かって幸せになり
フィギュアを愉しめばいいなら

もっと儲かることをして
一人でニヤニヤ愉しんでますって。

でも、それじゃあ満たされないんですよね。
承認欲求っていうか、
人を楽しませる、人を幸せにしたという
感覚がないと満足しないんですよ。

これは、長年エンターテインメント業界で
働いてきた人間の性というか
クリエイターとしての本能というか。

ですが、自分自身を満たさないと、
人を満たすことはデキないというのを
思い知らされた一年ではありました。

なので、来年はまず自分を満たします。

無論、下品な稼ぎ方や詐欺はいけませんが、
何を求められ、何が相手に刺さるのか
熟慮した上で動いていきたいと思います。

おまけ

BVS 関連のカスタムパーツの開発が
進んでいるようです。

私自身には刺さりませんが、
扱えるなら扱いたいですね。

この記事の著者

ぶらあど

この著者の最新の記事

関連記事

Rakuten Ranking












楽天ウェブサービスセンター
ページ上部へ戻る