マスプロダクツと個人カスタム品

ども、店主のぶらあどです。

エージェント・オブ・シールズの
エージェントウォードの無塗装ヘッド。

ポリゴンデータからの3Dモデリングで
70USDでオーダー開始されてます。

首が太いかな? とは思いますが、
最終的には塗装勝負な気はします。

でも、無塗装で70USDは高いよねぇ。
伊勢志摩サミット後の円安もあるし、
実は送料別で諸々込みだと諭吉くらい?

やはり、個人カスタム品は高価です。

これは、開発コストを
少数生産で回収する必要があるため。

同じ無版権でも、ある程度数を作る
マスプロダクツとは、
どうしても価格差が出ます。

image

image

image

image

image

image

ジルの衣装の問い合わせを
いただきましたが、
価格が折り合わず成約しませんでした。

ハンドメイド品なんで、
衣装だけで25,000円(利益込)します。

これに不足パーツを原価で集めると、
VIKING の短髪ジルヘッドが7,500円。

グローブ、ブーツはホットトイズの
BSAA版ジルで妥協するとして
これが合わせて8,000円くらい。

これに素体を安価なKumik製にしても
ざっと合計で45,000円ってところ。

ヤフオクで1円出品しても
元は取れないだろうし
扱いに困りますね(^^;

まあ、半ばあきらめてた品なんで
叩き売るのも
アリって言えばアリなんですが。

image

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

Rakuten Ranking












楽天ウェブサービスセンター
ページ上部へ戻る