クラウドファンディングも準備中

ども、店主のぶらあどです。

image

一人で戦うことに限界を感じ、
ジョイントベンチャーのコンペなどにも
応募してましたが・・・最終審査で落選。

というわけで、別の戦力というか
資金調達の手段として、
クラウドファンディングサイトに登録。

応援(寄付)してくれた人へのリターンは
情報商材の切り売りを予定してるので、
労力的にはあまりかかりません。

が、問題となるのはプロジェクトの
企画内容とプレゼン。

私が、この趣味を始めた頃は、
国内からルーズパーツを調達してたので
旧ラジ館で、上からボークス、宇宙船、
コトブキヤと回るのがルーティーン。

たまに錦糸町のジョークショップさんまで
足を伸ばすといった感じでした。

代々木、原宿間にTOKYO MANIACSさんが
実店舗だしてたころは、
そっちにも顔出してましたっけ。

で、時は流れ・・・
アキバでのルーズパーツ集めは困難に。

店舗が散ったのもありますが、
そもそも扱う店がなくなってきてます。
特にミリタリー以外のルーズパーツは
もはや壊滅状態。

なので、資金を募った結果として
実店舗開業を目指すのもアリです。

でも、実店舗となれば
人がリアルに集まる場所が必要で
維持コストが上がる上、
常々私が言ってる首都圏優遇の
最たるもの。

ネット併売をするなら、
ネット一本に絞ったほうがいいわけで
拠点を何処にするかが最重要。

拠点(物件)選びとしては、
自分の都合最優先であれば
家チカで電車すら乗らずに通えるとこ。

でも、それじゃあ
スタッフ集めの点で不利。

さいたま新都心も大宮も
交通の便は決して悪くないですが
東京と比べると・・・ねぇ(^^;

私が働いてた街で最も長かったのが渋谷、
他に新宿、銀座、アキバ、大泉学園、
学芸大学なんかでも働いたけど。

やはり、賑わってる街のほうが
スタッフのモチベーションは上がるし
定着率も高くなる。

そう考えると、振り出しに戻って
アキバってのも悪くない。

でも、実店舗案件を探さす必要はないので
雑居ビルやマンションカンパニーで十分。

だけど、通勤がちょっとだけ面倒。
っていうのも、
未だにうつで電車が辛いから。

と、堂々巡りでブレまくり。

何か、起点となるきっかけがあれば
違うんでしょうけどね。

例えば、スタッフを同好の士でなく
主婦層に絞れば何処でもいい。

スタッフに挙手してくれる人がいるなら
その人の条件とすり合わせればいい。

全てが自由だからこそ、
逆に何も決まらない。

今考えると、親友はいても
趣味友って言えるほど親しい人はいない。

まあ、ゲーム業界時代に
友人同志で起業して失敗した例も
間近で見てるんで
逆に適度な距離がある方がいいのかも。

まあ、スタッフは職にあぶれた中年とか
就職できない若者とか、
それこそ、ニートやコミュ障、
メンヘラもOKなんですよね。

おっと、話が逸れたか。

ともかく、
早いとこ魅力的なプロジェクトまとめて
公開しないと、元手が集まらない。

その前にブラックフライデー用の
情報まとめないと。

すべてが、情報商材つくるってことで
つながってるからね(^^;

この記事の著者

ぶらあど

この著者の最新の記事

関連記事

Rakuten Ranking












楽天ウェブサービスセンター
ページ上部へ戻る